春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

西日本最高峰石鎚山で四国山登り愛好家交流会

2015年11月21日

 四国ブロック事務所が音頭をとって、四国登山愛好家の交流会が西日本最高峰の石鎚山(1982メートル)で開かれました。すばらしい晴天に恵まれ、そのうえ雲海も見え超ラッキー。「日ごろの行いがよかった」とみんなで納得。総勢12名、いつもよりは少し少なめでしたが、徳島、愛媛、高知から参加した仲間が山頂で交流会、盛り上がりました。「来年は選挙に勝って、しらさ山荘で大祝勝会をしたいね」「雄大な自然に囲まれると下界のこまごましたことにくよくよしない、と大きな気持ちになれる。その下界でも国民連合政府という大きな歴史のうねりが起こっている。実に楽しい時代だ」「シカの食害が四国の山々でひどくなっている。これも国会で取り上げてほしい」。

 私は石鎚山に登ると自分が高所恐怖症ということを思い出します。今回で四回目となる登頂ですが、一回目「三の鎖」に果敢に挑戦。真ん中あたりで下を見てしまい完全に固まりました。このまま落ちて死んでしまうかも、とぶるぶる状態の私の隣の鎖では、小学生らしき子どもがすいすいのぼっていくではありませんか。「こりゃ負けられない」と発奮して何とか登り切ったこと。頂上の弥山の隣の天狗岳、すごい切り立った岩場なのですが、無謀にもそこに渡ってしまいました。ところが下を見て完全に足がすくんでしまいその場で四つん這いのまま動けなくなってしまいました。なんとか逃れて九死に一生。石鎚は私にとって鬼門なのです(そういうことをしなければ、極めて安全、しかも高所恐怖症の方でなければなんでもないし安全)。

CIMG8635CIMG8604CIMG8641CIMG8645CIMG8637CIMG8623CIMG8610CIMG8646CIMG8617

 

 

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP