春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

日本一すみやすい田舎に輝いた島根県大田市へ

2015年12月4日

 島根県大田市はある全国的調査で「住みやすさ日本一の田舎」に輝いたまちです。災害が少ない、生活インフラが整っている、石見銀山・温泉津温泉・ブランド米つや姫の生産地、そして移住者に手厚い支援制度に加え、住民の方々がやさしくおもてなしの心が行き届いていることがその要因のようです。その大田市に高知市から向かってみると、延々7時間。いままで私が中国四国担当の比例候補になってからの移動時間の最高記録を更新。遠い!

 ここの党はすこぶる元気。福田佳代子、大西修両市議を先頭に「国民連合政府をつくろう」のステッカーも作って車に張り出し、戦争法廃止のたたかいを草の根からどんどんすすめています。演説場所に行ってみると強風の中30名あまりが待っておられ、おまけに各地に、支部の「春名来る」の手作りポスターもあちこちに。

 夜のつどいにも30名あまり。最後には安倍政権をやっつける「青い山脈」の替え歌まで飛び出し、わきあい、元気いっぱい。あったかい雰囲気のなかで「私も新しい政府をつくる一員に」と、お二人がその場で入党を決意してくださった。感動の大田市行動、私にとっても印象度日本一のまちでした。

大田1大田2

大田3

大田4

 

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP