春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

沖縄③―平和の礎、摩文仁の丘に非戦誓う

2015年12月12日

 糸満市の平和祈念公園にやってきました。平和の礎には沖縄戦でなくなった47都道府県の犠牲者、戦没者のお名前がすべて刻まれています。沖縄戦の最後の戦場となった摩文仁の丘には各県の犠牲者の慰霊塔が建てられています。「米軍基地」「平和の不屈のたたかい」に加えて、ここは沖縄の苦難の歴史を物語るもう一つの象徴的な場所です。どうしても祈りをささげたいと足を延ばしました。高知県の犠牲者の前で祈り、摩文仁の丘で各県の塔の前で一礼。外国人(おそらくアメリカ)の若者が講師を囲んで沖縄戦の事実を学ぶ学習会のようなものを開いていたことが印象的でした。

 今回の沖縄視察で、新基地をつくらせないたたかいの息吹を体感し、オール沖縄に込められた平和への思いを分けていただいたと思っています。中国、四国の地でその思いと息吹を花開かせていきたい。

 高松空港を降りるとさっそく高松駅前へ。たなべ健一選挙区予定候補と白川よう子県議、労働組合のみなさんと「憲法共同センター」の戦争法廃止の宣伝行動。気合がはいりました。ティシュー付きチラシをがんがん配り、「戦争法は戦争するための法的根拠、沖縄の基地はその物的保障。沖縄の問題と本土のたたかいは表裏一体。オール沖縄からオールジャパンで戦争勢力を凌駕しよう」と訴えました。

平和の礎1

平和の礎3

平和の礎2

平和の礎4

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP