春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

高松市内5か所の党躍進つどいでしゃべくり

2015年12月26日

 「参議院選挙は目前、年内から総決起しよう」と、高松市内5か所で決起集会を開いていただき、繁華街での街頭演説と、分刻みの行動に決起、しゃべくりきりました。かし昭二、白川ようこ県議、岡田まなみ、藤沢やよい高松市議とともにがんばりました。

 それぞれ10数人から20名のみなさんがあつまってくださり、戦争法廃止・国民連合政府実現への情勢を学び、党の躍進こそ決め手、消費税大増税を許さない、まやかしの軽減税率に負けない、と決意を固めあう、まさに決起の場、語り合う場となりました。

 業者後援会のつどいでは、「四国に国会議員がいたときにはいろいろな要求が国政に反映された。たとえば善通寺の自衛隊のヘリが小学校の上空を飛んで着陸し授業にならない、身の危険があるという問題をとりあげてすぐに防衛庁と交渉、飛行ルートを変更させることができた」と後援会事務局長が紹介してくれました。

 医療関係後援会では、歯科医師の方が「来年度の予算案で診療報酬が1%削減される計画だが、財務省の削減の項目をうちに当てはめてみるとなんと3000万もの減収になる。経営的にやっていけなくなる」と鋭い告発が。

 「衆参同時選挙になるのでは」との質問も。私は「私たちは、一刻も早く解散・総選挙をかちとって政権を奪取することを呼びかけています。のぞむところです。安倍政権を一挙に引きづり下すチャンスです」とお答え。

 例によって、パワーをつけるためにさぬきうどんを食す。今日は黒田屋さんです。新年号の日曜版の記事、8名の比例候補の紹介で「好きな食べ物は」にこたえ「さぬきうどん」と迷わず書いた私ですから、香川に来て食べないわけにはいかないのです。

高松市1

高松市2

高松市3

高松市4

高松市5 

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP