春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

岡山~各界のみなさんと世直し懇談

2016年3月24日

 京橋朝市実行委員会の大島正勝委員長、県医師会の事務局長、共立病院高橋淳院長と懇談しました。植本かんじ選挙区予定候補、森脇久紀県議とともに。

 大島さんは商店街活性化のアイデアを披露され、岡山のポテンシャルを生かした街づくりで積極的な提案を次々おこなって実行、朝市もその一つで、いまではたくさんのお客さんでにぎわっているそう。「野党共闘は、とてもいいんじゃないか」とも語っていました。

岡山にて1

 高橋医師は、ベッド数削減政策を診療報酬の改定で誘導するやりかたを批判、「医療分野は、健康、命の問題であるとともに、雇用効果も大きい。もっと支援を」と強い要請。

岡山にて3

 医師会の事務局長さんは「消費税分を病院が被っている。10%になればものすごい負担になる。きちんと対策をとってほしい」と。病院をつぶす消費税増税ははやり断固ストップしかありません。

 夕方、森脇県議と岡山駅前で街頭演説。「しんぶん赤旗」号外も配布し、戦争法廃止署名も呼びかけました。

岡山にて2

 午前は、玉野市で「春名を囲む会」。平日の午前中にもかかわらず60名を超えるみなさんに参加いただき感激です。会場いっぱいの参加者の目は真剣そのもの。私も心を込めて党の政策と値打ちを語りました。松田、西淵両市議も決意表明。玉野も燃えています。

岡山にて4

岡山にて5

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP