春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

初めての愛南町、農業青年と語り合った野村町

2016年3月30日

 昨年3月の候補者発表以来初めて愛媛県愛南町を訪れることができました。同町は御荘、内海、西海、城辺、一本松町が合併して誕生した町で、西口孝町議ががんばっています。御荘カキなど海産物が有名ですが、一番びっくりしたのはカツオの水揚げ量が四国一だということでした。深浦漁協の組合長にお会いし高知県民の私にとって衝撃の告発を受けました。

 各地で街頭演説、深浦ではたくさんの方が聞いてくれました。そして35名ものみなさんにあつまっていただいた演説会。同町では久しぶりの人数とのこと。うれしいですねえ。

愛南2

愛南1

愛南3

 続いて西予市の旧野村町へ。ここでは農業後継青年のみなさんとのつどいです。20、30代の青年たちが農業に夢をもって働いています。私から農業とTPP、原発、戦争法、青年の子育て、働き方についてお話したあと懇談。「農業をやっているとそれをダメにしてしまう伊方原発の再稼働がとても心配」「農業が好きでこの道に進んだ。ネギを作っているけど日照りの人か、夏とかたいへん。でもおもしろいし好き」「いいものをつくることと、新しい販売のルートを作ることが大切だと思ってやっている」と新鮮で頼もしいお話を聞けてとってもうれしかった。

愛南4

 そして野村町で街頭演説。4月17日告示、24日投票の西予市議選挙。12年間の党議席空白をうめるために、堀部つよしさんが勇躍して立候補を決意してくれたとの報が飛び込んできました。堀部さんは西予市に合併する前の宇和町で町議を務められていた元町議。「戦争法廃止の願い、TPPストップ農業を守る願いを市政に届ける党議席を」と高らかに決意表明。よし、全力応援で必ず議席を奪取しようと、気合を入れて演説しました。

愛南5

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP