春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

候補者としての喜びと責任ひしひし

2016年4月11日

 一方で安倍独裁、戦争、民主主義圧殺政権の暴走を許すのか、もう一方平和と民主主義を求める市民革命的な運動で暴走を止め、新しい政治を拓くのか―まさに歴史の分岐の情勢のとき、候補者としてたたかう喜びと責任をひしひし感じた中央委員会でした。

 候補者として、三つの役割を果た抜きたいと決意しています。一つ、情勢と党の値打ち、魅力を大いに語り拡げ、党と後援会を燃やしいっしょにたたかうことです。二つは、大激動の情勢にふさわしく視野を広げて幅広い方々との共同とたたかいをすすめ、働きかけ、支持を広げる先頭に立つ。三つは、党を強く大きくする仕事に全力をあげることです。

 野党共闘の成功と勝利、日本共産党の大躍進という二つの任務を必ず実現しようと固く決意しあい、東京をあとにしました。

 写真は仁比そうへい参議院議員といせだ良子比例予定候補と。三人とも南方系の元気印の顔でしょ。

本部1

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP