春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

安倍政権を叱り変える討論会in津山市

2016年4月13日

 津山市で安倍政権を叱り、変えるための討論会が開催されました。多彩なパネラーがそろいました。秋山幸則さん(元社会党津山市議 「知ってる?あぶない!安全保障関連法議員&OBの会」副会長 )、岩野しのぶさん(安保法制が怖くてたまらない主婦)、山田久美代さん(津山民主商工会事務局長)、児島和則さん(津山医療生協役員)。

 議員&OBの会はこの4月5日に18名の議員、OBで結成されたばかりです。会場発言でこの会の会長に就任された権田直良さん(元津山市議 無所属)は会場発言で「「自分さえ良ければ、という安倍政権の暴走は許せない。アベを支持する議員が前を向いて歩けないような情勢を作ろう、と決意して会長を引き受けた」。秋山さんは「28年間の市議生活を終え、残りの人生を二つのことに捧げようと。高齢者の生活を支えるために桜会をつくり特養ホームを経営。もう一つは9条を未来へ世界への会を作ってたたかってきた。このたびの安保法制は許せないと副会長になった。自分の土地に今九条の碑を建設中だ」。

津山1

 パネラーと会場から、消費税増税、原発、憲法、戦争法などで多彩な質問やとりくみがだされました。パネラーの岩野さんは、「普通の主婦でのんびりくらしたいと思っていたけど、安保法制が出てきて、たたかわないと子や孫に申し訳が立たないと思うようになった。昨年11月までは毎日スタンディング行動をやってきた。最初は少数だったけど、どんどん参加者が増えてきて、いままで97日間のべ1200名以上が参加してくれた」と発言。すごいです。会場は安倍政権を倒す熱気にあふれました。

 ちなみに、下は津山名物B1グランプリ銀賞のあの”ホルモンうどん”。キャベツ、玉ねぎの甘味、もつの食感、みそベースのたれ、なかなかの美味です。

津山3

 久米南町でもがんばりました。ここは定数8に2議席という岡山県内屈指の党の力がある自治体です。お昼ミニつどい、そして4か所で街頭演説。政広幹夫、川原まり子両町議とがんばりました。

津山2

津山5

 そして久米南町の名所、誕生寺。

津山4

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP