春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

笠岡市議選、倉敷市長選~必勝を期して

2016年4月14日

 17日投票の笠岡市議選、ひのつみちこ(現)候補に加え、井木まもる(新)候補を擁立し、1議席から2議席への倍増をめざしています。「市民の願いを市政に届ける」「市政をチェックする」「国政にものいう」かけがえのない党議席の値打ちを最後まで広げよう。お二人の候補と街頭演説会。

笠岡2

笠岡1

笠岡3

 続いて倉敷市長選挙の応援へ。17日告示、24日投票です。教師生活37年、ご両親の介護を体験し、中学校医療費無料化、巨大給食センター許さぬ市民運動のリーダーとして奮闘してこられた田中さん。いま市長に求められる資質ー「国の政治に市民の立場でものをいう」「市民の苦しみ、痛みに心を寄せ、その願いを実現することを市政運営の基本にする」という点からみてぴったりの市長予定候補です。現市長は、既存のセンターを廃止して12000食もの学校給食センターを市民の意見をまったく聞かずに強行しようとする、「効果なし」と県も指摘する1000億円もの倉敷駅鉄道高架事業に固執する、安保法制について「憲法にそったもの」と安倍政権を擁護する、など、とても47万市民の命を守る立場にたっているとはいえない姿勢が顕著です。どうしてもチェンジが必要です。二枚目は真ん中田中予定候補、右がすます伸子県議。

笠岡4

笠岡5

 朝は津山市にいました。早朝宣伝を中村聖二郎市議、末永前市議、後援会のみなさんととともにとりくみました。

笠岡6

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP