春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

広島の志位演説会に2000名!ながえ孝子愛媛選挙区候補見参

2016年5月15日

 今日は私にとって歴史に刻まれる一日となりました。

 広島市の志位和夫委員長を迎えた街頭演説会には過去最高の2000名を超えるみなさんが参加、まさに歴史的な演説会となりました。そして、広島から愛媛・四国中央市に戻って夜開かれた演説会には、2日前に野党統一候補となったばかりのながえ孝子さん(無所属)が急きょ参加。「保守王国の愛媛から日本の夜明けを」と大きな盛り上がりでした。

広島1

広島5

 広島の演説会では、行き交う車の中からの声援も、交差点を行き交う若者からの手振りやスマホ撮影も、すごい頻度でびっくりぽん。高見あつみ選挙区候補、大平喜信衆議院議員、私も渾身の決意表明。そして志位委員長の演説は抜群。とりわけオバマ大統領が初めてアメリカの大統領として被爆地ヒロシマを訪れることになったことを「被爆者や日本の平和の運動によって生まれた一歩前進」と評価。同時に、アメリカ政府には核兵器廃絶の国際協定の締結に真剣に向き合うことを求め、日本政府の後ろ向き姿勢も強く批判。「この訪問が核兵器廃絶の真の一歩になることを願う」という訴えは、広島のみなさんに大きな感銘を与えるものでした。

広島2

 四国中央市の演説会で、ながえさんは「前回の総選挙で落選してから普通の生活をしてきましたが、集団的自衛権を勝手に認めるなど、安倍政権の動きにふつふつ怒りがわいてきました。10万人を超える国会包囲の主権者の意志も無視する強行はおかしいぞと。私は前回の選挙で手書きの『戦争をしない国』を掲げてたたかいました。これをいま魅せられて行動しなければならないと。『平和は笑顔から始まる』をスローガンにがんばっていきます」と信条の変化と決意を述べ、大きな拍手に包まれまました。メイン弁士の仁比そうへい参議院議員も「北海道の池田真紀さんをほうふつさせる。必ず愛媛から風穴を」と訴え。日本の社会と人の心が大きく変わりつつある、政治が変わりつつある、実感する一日でした。

広島4

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP