春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

島根から日本の夜明け、新しい国づくりを!

2016年5月16日

 15日の出雲市、松江市で開かれた演説会は、画期的歴史的なものとなりました。

 両会場とも400名もの参加者ととともに、民進党、社民党の代表が「福島浩彦勝利へともにがんばりましょう」と連帯あいさつ。福島候補も「必ず鳥取・島根から国会へ」と決意表明。私はその姿を見ていて「かつて日本の夜明けは京都から、首都東京から、などと言われてきましたが、夜明けは日本中でこそ。今日の演説会に参加させていただき、『日本の夜明けは島根から』『新しい国づくりは出雲、松江から』と言いたい」と訴え。写真は出雲会場で、左から紙智子参議院議員、社民党代表、民進党代表、福島浩彦さん、春名、遠藤秀和比例予定候補。

出雲2

出雲3

 福島さんは、①格差、貧困を広げるアベノミクスを中止、くらしと地方自治を支える政治への転換、②安保法制廃止、立憲主義を取り戻す、③若い人たちを育てる政治への転換、を呼びかけ、共感を広げました。

出雲4

 選挙区候補を取りさげ比例に回った遠藤秀和予定候補も、自らの介護の仕事の体験などから、弱いものが報われる政治を、と訴え。私も三つの約束「戦争法廃止、9条を取り戻す」「くらし最優先のあったかい政治」「再稼働ストップ、原発ゼロをめざす」と決意。

出雲7

出雲5

 紙智子参議院議員は、国会のたたかい、北海道5区で示された野党共闘の威力を紹介、TPPストップへともにたたかいましょう、と呼びかけました。

出雲6

 昨日の広島、四国中央市での演説会、今日の演説会とかつては考えられなかった共同の広がりを感じる演説会で、まさに歴史が動き始めていると実感をしています。

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP