春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

9日目~境港、米子で戦争の悲惨さ、命の大事さ語り合う

2016年6月30日

 この選挙戦、最初で最後の鳥取に入りました。岡田正和比例候補と、境港市各所9か所で精力的に訴えました。そして米子では松本松子さん宅(元市議)、岡村英治市議宅をおかりしてつどいを開催。

1467296713214

 両市にまたがっているのが自衛隊美保基地です。「自衛隊員の命と誇りを守るために、アメリカと肩を並べて海外で戦争に乗り出す安保法制、戦争法は必ず廃止させましょう」「防衛予算のなかで、オスプレイやステルス戦闘機など侵略の兵器はばっさり削るべき。自衛隊員の給与は守ります」「憲法に照らせば自衛隊は違憲の軍隊です。しかしただちに解消することはできません。平和外交、国民合意に沿って将来は憲法の完全実施をめざします。いま問われているのは、専守防衛をかなぐり捨てて、集団的自衛権を行使してよいのか、ということです」とズバリ党の立場を訴えました。

鳥取1

 淀江のつどいでは戦争体験がこもごも語られました。「満州に連れていかれ、シベリアに抑留された兄は、その地で飢えと寒さで死にました。それから50年たって墓参にいったが、どこに眠っているかもわからない。その時に植えた白樺の木がおおきく育っており、その樹皮を切り取ってかたみに持って帰ったのです。戦争だけは絶対やってはなりません。戦争法はやめてほしい」とのお話に涙。

1467296739936

 1467296726178

戦争と平和、人の命の尊さをおのずと考えざるをえない一日でした。戦争法廃止はもちろん、この犠牲の上に生まれた憲法9条という宝を絶対に壊してはならない、憲法改悪を許してはならないと深く胸に刻みました。

 

  鳥取3

 

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP