春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

16日目~鳥取市で七夕。短冊にも投票用紙にも願いを込めて

2016年7月7日

 鳥取市で終日最後の大行動。15か所で岡田正和比例候補と街頭演説。そのほとんどがまちかど演説会で、合計200名ほどのみなさんにお話を聞いていただきました。

1467901412983

 気高、鹿野は比較的農村部。美しい緑に囲まれながら「中山間地という言葉も過疎という言葉も中国地方から生まれたものです。ここを守らずしてなんの政治か。TPPは断固ストップ。価格補償と所得保障で農林漁業を守り抜き、中山間地を元気にします。これこそが本物の地方創生です」と気合の訴え。

鳥取市1

 鹿野の河内部落では「四国高知市から河内(こうち)のみなさんにごあいさつにやってきました」というと珍しいそうに何人もの方が出てきて聞いてくださった。ゆかり、つながり、使えるものは何でも使います。

1467902688576

 西人権センター前、岩永市議の地元ではセンターでサークルに取り組んでいたご婦人が総出で二階に出てきてくださり手を振ってくれました。気高の殿公民館前は告知してないのに次々聴衆が。「福島さんを勝たせんとおえん。共産党を応援する」という男性が拍手も。

1467901432156

 鳥取駅前では女性後援会、青年後援会のみなさんが願いを描いた短冊を持ってアピール。私も「今日は七夕、短冊に願いを。そして3日後には願いを込めて投票用紙に日本共産党、福島浩彦と書いてください」と訴え。かなりのアピール度。

1467901393353

 松本よしあき前県議の地元でも40名近い方が参集、しっかりと訴えに耳を傾けてくださいました。

 

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP