春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

革新懇世話人会、高知一般大会、支部会議へ

2016年9月7日

 4日、高知一般の定期大会であいさつ。「労働者全体の労働条件が悪化する一方、労働組合の組織率が低下している。そのなかで一人でも、誰でも入れる労働組合=高知一般は、労働者の”駆け込み寺”であり”よりどころ”、組織と運動のますますの発展を期待しています」。

一般1

 4、5日は津野町の坂本健一元町議、須崎市の青木章人元市議とともに地域を訪問し、3名の方に日曜版読者になっていただきました。さすがに元議員、つながりと信頼は抜群です。

 6日には高知県革新懇の代表世話人会。10日に開く総会の議案を討議、「市民と野党の共同は政治を変える一番の力。政治革新の3つの目標で共同する革新懇の出番」とその役割がますます大きくなっていることを確認。

1473206726598

 6日夜、高知市江陽支部の支部会議に久しぶりの参加。なつかしい顔がたくさんおいででした。「お疲れさんでした」「よくがんばってくれました」「通したかった」とくやしさも次々。志位さんのダイジェストも見て、選挙で勝ちとった「二つの希望」(野党と市民の共同、共産党自身の前進)もつかみました。同時に「8万6千という高知県の得票目標をとれていれば私も勝っていました。得票目標の53%にとどまったのが落選の原因、悔しさは強く大きな党を作って晴らしませんか」と呼びかけました。

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP