春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

TPP批准阻止へ正念場~学習・署名・宣伝へ

2016年9月17日

 9月26日の臨時国会の最大の焦点の一つは、TPP協定の批准を許すかどうかにあります。

 TPPは、関税、非関税障壁すべてを撤廃し、日本と高知県の農林漁業を破壊することはもちろん、食の安全、地域経済、医療、雇用などを壊す許しがたい協定です。合意内容は「農産物主要5品目を守る」との国会決議にも明確に違反し、必要な情報も国民、国会に知らせないという許しがたい態度です。当のアメリカでも大統領候補2人とも反対の立場であり、日本だけが先走る必要はまったくありません。批准を許さぬ世論を高知から大きく広げたい。

 実は私このたび党県委員会の農林漁民部長となり、その最初の大仕事がTPP阻止。その契機にしようと、党県委員会は県農民組合と協力し、10月15日午後2時(高知市自由民権記念館1階ホール)から「日本と高知県が危ない TPPの正体と批准阻止の展望」と題して、紙智子参議院議員(党農林漁民局長)を招いた大学習会を計画しました。昨日はJA中央会、県園芸連に高知地区のTPP担当の松本顕治常任委員とともに訪問、案内と署名のお願いをしました。「今国会での批准阻止」の緊急署名も5000あつめようと張り切っています。

TPP1

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP