春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

これからの日本の前途を語るつどいIN四万十市

2016年10月9日

 四万十市で幡多地区委員会主催の「これからの日本の前途を語るつどい」が開かれ、講師として参加しました。幡多地方各地から54名ものみなさんが参加くださり、いま大きな生命力を発揮している日本共産党綱領の話を1時間30分にわたって聞いていただきました。

 野党共闘こそ未来を拓く~参議院選挙の結果と総選挙、自衛隊問題を利用した安倍首相の反共攻撃に答える、日本国民を苦しめている日本社会の二つの病気~アメリカ依存症、財界・アメリカ言いなり病、日本共産党は資本主義の枠内での民主的改革をめざす、日本共産党の統一戦線の方針が国政を動かす新しい時代へ、資本主義を乗り越えた未来社会を展望する、日本共産党という名前に込められた二つの意味、梅が現実となる時代~日本共産党の仲間として生きがいある人生をの各テーマでお話。

 「もっとたくさんの方に話を聞いてもらいたかった」「党員の初心に返ることができた」と声をかけていただきほっ。党員でない方も多数参加いただきました。準備していて、「やっぱり綱領ってすごい。日本を変える、未来を拓く羅針盤だ」と実感しました。党が日本社会から求められているいま強く大きな党づくりに励まねば。

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP