春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

大運動最終盤、各地で入党者相次ぐ

2017年1月29日

 強く大きな党を作ってこそ、野党共闘と共産党の勝利、比例と小選挙区の勝利を保障できる―いよいよ大運動は最終盤、ラストスパートです。写真は退職婦人教職員協議会と県教組女性部が高知城ホールロビーで開催していた文化祭の展示です。

1485688665983

 26日には、ある労働運動グループとともに、60代の運輸労働者を党に迎えました。27日は、一宮東支部で日刊1、日曜版1、午後、津野町で日曜版1、そして本山にひとっ跳び、重要な経営の労働者に入党をおすすめしました。走行距離300キロ。

 28日は四万十市へ。午前Y支部、谷田市議と1名の入党者。85歳の高齢ながら元気元気、「残りの人生を党員として歩んでいきましょう」との訴えに応えてくださった。午後S支部と行動。「もう入っちゅうで」という60代男性にほんとうに入ってもらいました。日曜版もお二人に普及。Yは6年ぶり、Sは20年ぶりの入党者に沸きました。走行距離250キロ。

 29日は高知市のはた愛市議・吉良富彦県議地域のお餅つき大会へ。地域の高齢者のみなさん、子ども連れの若い親子もどっさり。事務所が地域に根差し、愛されている証拠と感激一杯。日曜版も3名の方が購読くだいました。

1485688677714

1485688690246

 午後、香南市でなれた市議と行動。夕方、高知市東部ブロックで米田県議、細木市議と党員のおすすめ。

 夜、長く党高知市議を務めてこられた久保昇さんの通夜へ。市民が主人公の市政の発展、住民要求実現へ私心なく働いてこられた久保さん、また重鎮を失ってしまいました。心からのご冥福をお祈りいたします。

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP