春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

戦争法案先取りの日米共同訓練やめよ、故郷で怒る

2015年9月9日

 私の生まれ故郷の隣町旧勝北町(現津山市)で、日米共同訓練に反対する市民集会が開催され、私も連帯あいさつをしました。

 奈義町と勝北にまたがる日本原演習場で米軍と高知県香南市の陸自第50連隊350名が、ヘリボン訓練、ゲリコマ(ゲリラコマンダー)訓練、戦闘訓練、各火器訓練などをおこなうというものでした。が、台風の影響で米軍は来ず、自衛隊だけの訓練になった模様です。海外での戦闘を想定した訓練であり、地元森藤町議によると今回初めて米軍ヘリに自衛隊員が乗り込んで訓練するということになっていたといいます。

 戦争法案の先取り的な日米共同訓練中止、故郷を戦争の血で汚すな、と怒りの声をあげました。右翼がどっさり来てうるさかったこと。ほんとうの右翼なら私たちを攻撃するのでなく、主権を奪われアメリカに卑屈に追従する安倍政権に怒りの矛先を向けるべきでは?

CIMG7086

 続いて、岡山大学付近で森脇ひさき県議、石井ひとみ県委員長らとともに、学生のみなさんに向けて、「戦争法案廃案へともに行動しましょう」と心から呼びかけました。

 そして夜はある病院内でのつどいです。たくさんの若い職員も参加してくれ「再び白衣を戦場の地で汚させない」「いのちを守る最前線で奮闘するみなさんだからこそ、命をもっとも粗末に扱う戦争を許さない声をあげましょう」との訴えに耳を傾けてくれました。

 たくさんのご意見や感想も出されました。「小学校の時に学んだ憲法9条、けっして戦争はしない、話し合いで解決することを決めた日本はすばらしい国だと考えてきました。これからも大切にしてほしい」「税金を軍事費に費やすのではなくて福祉や医療に使ってほしい」「たくさんの若い人が行動している。いくら安倍さんが多数でもひっくりかえせると感じた」「政治のことなんてあまり知らなかった。でもお話を聞いて現状のひどさがわかってきた。もっと勉強していきます」など、フレッシュな感想が次々出されました。このなかで20代前半の女性が「憲法をもっと大切にしたい。戦争だけは絶対にしちゃいけない」と入党を決意、大きな拍手に包まれました。

CIMG7093

CIMG7115

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP