春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

平野貞夫元参議院議員が四万十市の党予定候補を応援

2017年4月8日

 今日(8日)は歴史的な一日でした。元自民党県連幹事長で、参議院議員を務め、離党後、自由党結成に参画し、小沢一郎さんの懐刀と言われる平野貞夫さんが四万十市のわが党市長予定候補の大西まさすけさん、市議補欠選予定候補の川渕せいしさんの応援へ、はるばる在住の千葉から来てくださり、雨が降りしきる中、四万十市内4か所で街頭にたちました。もちろん我らが白川よう子比例予定候補も愛媛県の久万高原町から駆けつけてくれ、二人の押し上げの訴えをしてくれました。

4%e6%9c%888%e6%97%a5%ef%bc%94

4%e6%9c%888%e6%97%a5%ef%bc%91

 平野さんは、「いまは異常事態。安倍政権は戦争国家をつくっている。戦後憲法の根本的改変をすすめている一大事。保守も革新もない。大西さんは同じ土佐清水の出身、大叔父の大西正男氏は自民党の代議士、大西、井上泉元社会党代議士、山原健二郎元代議士らと交流もさせていただいた。いのちを守るために、四万十市の力を生かすために大西さんを、そして川渕さんをよろしくお願いしたい」と、心のこもったごあいさつをいただきました。歴史は動いています。

4%e6%9c%888%e6%97%a5%ef%bc%93

4%e6%9c%888%e6%97%a5%ef%bc%92

 大雨をついて、4か所の演説会には100名超の聴衆。そのなかには元四万十市長の田中全さん、「猟師が釣って、猟師が焼いた、はっはっ」でおなじみの土佐明神水産の元社長で、いま明神電気船舶株式会社代表取締役社長の明神照男さんのお顔も。保革を問わず、野党と市民の共闘で政治を変える、大きな希望を示した演説会でした。

 四万十市長選、市議補欠選挙は、4月16日告示、23日投票。市長は安倍政権べったり自民党の現職との一騎打ち。補選は自民系、民進系と2議席を争う三つ巴の大激戦、大接戦。大西まさすけさん、川渕せいしさんへのご支持をお広げください。四万十市にお知り合いの方がおられたらぜひご連絡ください。☎0880-34-3174、ファックス050-3737-1309(いずれも日本共産党幡多地区委員会)

 

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP