春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
行っちきち戻んちきち

再び赤紙を配らない。女性9条の会10周年講演会

2015年10月3日

 高知に帰ってきました。さっそく自治労連高知県本部定期大会に出席しあいさつ。若い代議員のみなさんの前で「再び赤紙を配ることがないように戦争法を必ず廃止に追い込みましょう。野党はもちろん、団体、個人、みんなで団結して戦争法を廃止する国民連合政府をともにつくりましょう」と訴え。

 そして女性9条の会10周年講演会へ。小森陽一9条の会事務局長が「憲法大好き」と記念講演。9条の会が結成されたのが2004年、以来草の根で9条を守る運動が草の根で大きく広がってきたこと、その力が今度の戦争法反対の運動の広がりの背景にあると強調。今度の運動は安保闘争と比べて4つの特徴があると解明されました。①「戦争させない1000人委員会」「解釈で憲法を壊すな実行委員会」「憲法共同センター」が対等の共同を広げてきた、②地方議会、地方新聞、自治体ごとの共同など、地域からのうねりの広がり、③一人ひとりの個人、主権者が自覚的に立ち上がっていった。主権者の自覚が行動を支え広げたこと、④この市民の運動で実現した野党の固い共同。

 この共同は強固であり、これからますます役割を発揮していく。9条の会の出番であり、たたかいはこれから―小森さんの力強い講演に参加者一同意を強くしました。

 講演を終えると会場前には森あつ子高知市長候補の宣伝カーが。みんなで演説を聞き「戦争法廃止を明確に主張する市長を誕生させよう」「市民の犠牲で作った財源を大型開発につきごむ逆立ち市政から、市民のくらしと福祉をしっかり支える温かい市政」をつくるためにがんばろうとみんなで声援を送りました。

CIMG7669

CIMG7680

CIMG7686

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP