春名なおあき

はるな 直章

戦争への道 絶対に許さない

日本共産党 元衆議院議員
エッセイ「爽風」

❝大筋合意❞

2015年10月24日

合同追悼式(17日、高知市北山) 小出しにされるTPP「大筋合意」の中身に憤りがこみ上げてきます。834品目中400超、100種の野菜すべて関税撤廃という驚くべき内容。園芸王国高知県に計り知れない打撃。

米田稔、吉良富彦県議と訪れたJA高知中央会との懇談(13日)では「畜産農家が喪失感で一杯になっている」、「自給率45%という政府目標に逆行する」、「何でも新自由主義では日本が壊れる」と怒りの声が。

「TPP絶対反対・ウソつかない・ブレない」とポスターを張り巡らせたのはどの党だったのか。政党・政治家にとって公約は命、国民的裏切りは安倍政権の“命取り”になるでしょう。

17日、仁比聡平参院議員を招いた国政報告会。PEDAL・横川和音君・仁比さんの報告で青年、民衆の力がいかに政府を追いつめ野党を励ましたか、国民連合政府はたたかいが生み出した必然の産物であるということが実感できました。

ドキュメンタリー映画「日本と原発」をやっと鑑賞(18日)。福島原発事故から4年半、見捨てられる福島の被災者の苦しみに原発事故の原点がある、すべての国民に見てもらいたい佳作です。

山口県党の政府交渉(14、15日)では上関原発建設中止を要請。経産省も「新増設という方針はない」と明言。今度は中電に強力に詰め寄ろう。すっかり模様変えした議員会館、議事堂の案内役を買って出たのですが、勝手が違って四苦八苦。12年のブランクを早く埋めないと。

16日、岡山県北の柵原町、真庭市美甘、久世、津山市を駆け巡りふるさとの匂いを吸い込みました。数カ月ぶりの日曜市宣伝では「共産党がんばれー」との声援。お礼に行くと「大きな声で気持ちを表すことしかできないから」と嬉しい一言。

秋の深まりを感じます。犬、インコ、文鳥、グッピー、我家の家族達も食欲の秋満喫中。

〈高知民報 2015年10月25日付より〉

最新動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP